ブログ運営におすすめのWebサイト解析ツール

Web広告運用を本業にしているため、Webサイトの解析ツールも使います。

そんな私がおすすめするブログ運営でも使えるツールは以下の3つです。

  • Google Search Console(サーチコンソール)
  • Google アナリティクス(GA4)
  • Microsoft Clarity(クラリティ)

この3つツールがあれば十分です。しかも、3つとも無料で利用できます。

ちなみに、これらのツールはサイトの使われ方を知るためのツールです。
「自分のサイトはどれぐらい閲覧されているのかな?」「人気のある記事はどれだろうか?」など自分のサイトの状態が気になる時に使えます。

では、それぞれのツールの使う場面を紹介します。

目次

サーチコンソール:検索結果で自分のサイトの表示のされ方がわかる

サーチコンソールは、Googleの検索結果が自分のサイトが表示され方がわかるツールです。

Googleサーチコンソールのイメージ図
出典:Google Search Console

サーチコンソールがブログ運営で使える理由は、「自分のサイトは検索結果でユーザーに魅力的に見えているのか?」がわかるからです。
検索結果での魅力度的なものがわかるため、ブログ運営では重要なツールです。

具体的には、以下の気になる疑問に対して、数値で答えがわかります。

  • どのような語句で検索された時にサイトが表示されたのか?
  • どの語句で何回サイトが表示されたのか?
  • 自社サイトが表示された時に順位は何番だったか?
  • 自社サイトが表示された時に何回クリックされたのか?

これらの疑問に対する数値の答えから、最近のトレンドや自分のサイトの強み・弱みを読み解いていきます。

サーチコンソールの数値を読み解くことで、次に書く記事のテーマ決めをしたり、トレンドを推測したりできます。

GA4:サイト全体の使われ方がわかる

Google アナリティクス(GA4)は、サイト全体のおおまかな使われ方がわかります。

出典:Google Analytics

GA4がブログ運営で使える理由は、自分のサイトの特徴を知れるからです。

具体的には、以下の気になる特徴に対して、数値で答えがわかります。

  • サイト訪問する時にもっとも使われる方法は何? SNS? Google? Yahoo!?
  • どの記事でサイトに訪問する回数が多い?
  • どの記事が滞在時間が長い?

これらの数値から、自分のサイトに強みがあるSNSや記事のテーマを読み解いていきます。

GA4を読み解くことで、自分のサイトで注力していくテーマや集客方法を見極めることができます。

クラリティ:一人ひとりのユーザーがサイトで行った操作がわかる

Microsoft Clarity(クラリティ)は、一人ひとりのユーザーがサイト上でどのように操作してページを見たがわかります。
結構ビックリな機能です。

出典:Microsoft Clarity

クラリティがブログ運営で使える理由は、サイトの使いやすさがわかるからです。

具体的には、以下の気になる使いやすさに対して、動画やヒートマップで答えがわかります。

  • 記事内にある非表示のコンテンツは開いて見られているのか?
  • 新しく作ったバナーはクリックされているのか?
  • ページのどれぐらいの部分まで閲覧されているのか?

これらの動画やヒートマップから、ページの使われ方が意図したものになっているか読み解きます。

クラリティを読み解くことで、記事内のバナーの配置や文章の見せ方をみなす事ができます。

ちなみに、業務でも広告の誘導先の分析に使いますが、想定外の場所がクリックされていて驚くことがあります。

例えば、女性が写った画像では、女性の部分をタップする傾向があります。

別の例では、スマホユーザーは、画面の左下より右下にタップが集まる傾向が見られます。
画面をスクロールする時にタップしており、しかも右手でスマホを操作する人が多いと推測されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次