オムツ替えで便利!「風呂いす」が大活躍

赤ちゃんのお世話で重宝しているのが「風呂いす」です。

お風呂に入る時に使うプラスチック製の椅子です。

目次

【メリット】濡れた服やタオルを椅子においておける

我が家では、赤ちゃんのお世話で出る濡れたモノを風呂いすに置いています。

そもそも、赤ちゃんのお世話をすると濡れたモノが大量に出ます。

  • おしっこしたオムツ
  • 吐き戻しで汚れた服
  • 赤ちゃんの体を拭いたおしりふき
  • お風呂から上がって体を拭いたタオル

赤ちゃんのお世話をすれば、必ずと言っていいほど濡れたモノが出ます。

お世話道具を乗せるワゴンに濡れたモノをおいても良いのですが、衛生的に気になります。
広さもそれほど広くありません。
また、木製のテーブルやワゴンに濡れたモノを置くと劣化が気になります。

一方、風呂いすならもともと濡れる前提で作られているため、濡れたあとのお手入れが簡単です。
当然ですが、水に濡れることによる劣化は少ないです。
また、風呂いすは普通の椅子と比べると軽く作られていると思うので、持ち運びがしやすいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次